お葬式の形式の違いとは

お葬式には参列者や通夜、告別式の有無などによってさまざまな形式があります。お葬式というと一般的な形式で行わなければいけないと考えてしまいがちですが、近年では故人や遺族の希望に添った形式で行うケースが増えてきています。どういった形式があるのか、それぞれの特徴を知っておくと故人や遺族がこういった形式でしたいという希望に合わせて、それに添った形式を選びやすくなります。

お葬式の形式の中でも、近年多くなってきているのが家族葬です。家族葬の特徴は親族、そして故人と親しい人達だけで行われるという点です。身内だけで行われることが多く、一般的な形式に比べて故人や遺族がこういったものにしたいという希望に添ったものにしやすい、というメリットを持っています。身内だけでお葬式を行えると、あまり堅苦しい雰囲気にならないことが多いです。明るい雰囲気で見送って欲しいという方や、故人が好きだった音楽などを流しながらお葬式をしたいという場合は、この家族葬という形式を選んでみてはどうでしょう。一般的なお葬式に比べると、参列者が少ないので費用が抑えられるという点も魅力的です。

もうひとつ特徴的なお葬式の形式として、直葬と呼ばれる形式があります。直葬は通夜や告別式を行わず火葬だけを行う形式で、費用が非常に安いという点が最大の特徴です。通夜や告別式をしませんから式場や食事にかかる費用がありませんし、基本的に身内だけで行いますから参列者も少ないので費用がかかる場面がほとんどありません。

直葬の場合はおおよそ20万から30万円程度でお葬式を行う事ができますから、自分のお葬式にあまり費用をかけたくないと考えている方は、直葬で自分のお葬式を行って貰えるように手配しておくと良いでしょう。