お葬式の参列者として守りたいマナー

お葬式に参列する際に守っておきたいマナーのひとつは、やはり服装です。喪服を着るという事は当然として、アクセサリーや数珠の付け方などにも守らなければならないマナーがあります。特に女性はアクセサリーを付ける事が多いですから、知っておかないと遺族に対して失礼な服装をしてしまう可能性があることを知っておきます。

アクセサリーを付ける場合、涙を連想させる白いパールが基本とされています。二連になっているネックレスは不幸が重なるという事を連想させるため、絶対に付けてはいけません。また、数珠は絶対に付けなくてはいけないという訳ではありません。すぐに用意できなくても斎場で購入できる場合もあるので、焦る必要はないでしょう。

そして参列者としてお葬式に行く際に気になることが香典で、急なお通夜の場合は用意できないという人もいます。もしお通夜の時に香典が用意できなかったとしても、告別式で渡す場合は記帳のみで済ませておけば問題ありません。そして香典を渡す際には、むき出しのまま手で持つのではなく、ふくさに包んで持つようにしましょう。香典として包む金額の相場ですが、故人との関係によって違いはありますが基本的には5千円から1万円ほど、両親の場合は10万円、兄弟の場合は3万円ほどが相場となっています。関係が深いほど高い金額を包んだ方が良いと覚えておくと良いですが、あまり金額が多すぎると喪主に遠慮させてしまうので加減をする必要があります。

もうひとつ絶対に気を付けたいのが、遺族への挨拶です。お葬式に参列した際に必ずしなければいけない訳ではなく、むしろあまり故人と深い関係出ない場合はしない方が良いとされています。挨拶をする場合も手短にすませ、あまり遺族に手間をかけさせないように配慮する必要があります。